FC2ブログ

世田谷アパート入居2周目

前回の続きで、前の入居者にとっては気の毒なことでしたが、部屋(建物)を気に入りつつ退去された後の話です。

JRENTさんの専任での募集依頼をし、宮下さん高橋さん酒井さんからも笑顔で『『もちろん入居付けします。』』との回答でした。

入居者募集結果は、すぐに2組からの<入居申し込み>でした。
しかも、同じ日に依頼がありました。
宮下さんからは「2組とも職業や人格とも申し分が無い状況」とのことでした。

ここからが面白いのですが、私が「ではどちらにしましょうか?」と聞いてみたところ、宮下さんから「一方の方は扉の閉め方がとても丁寧で、音を立てず、最後まで手を添えて閉めていました。こちらの方がより良いのでは。」とのこと。

宮下さんのこの視点・観察力は凄いですね。
扉を丁寧に・静かに閉めてくれる人は<<建物にもとても優しい人>>です。
その他、<<生活面でもきっちり>>しているのでしょうね。

そちらの方に、即決でした。
あれから半年、何も問題ありません。(賃料に関しては全室延滞なしですけれど(笑))

振り返ってみると、2組からの選択できたのは<< JRENTへの専任依頼 >>をしていたからでした。

もし、2つの仲介業者に依頼をしていたら、いずれの業者も各自が見つけた入居者を押してしまい、こちらははっきり見えない情報をもって判断をするしかないですからね。

入居者募集では、より多くの窓口を作ることも良いですし、さらにはより質の良い・信頼できる仲介業者との太いパイプ(信頼関係)を作っておくことはとても大切だと思います。
e_03.gif←お気持ちの一押しを
関連記事
スポンサーサイト



00 : 56 : 13 | アパート満室空室対策 | トラックバック(6) | コメント(0) | page top↑
<<退職・健康保険資格喪失 | ホーム | 世田谷アパートの退去理由>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nd2002.blog109.fc2.com/tb.php/56-41882bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2008/03/09 20:28】
-
管理人の承認後に表示されます【2008/03/09 11:55】
-
管理人の承認後に表示されます【2008/03/09 03:30】
-
管理人の承認後に表示されます【2008/03/07 12:40】
-
管理人の承認後に表示されます【2008/03/06 14:11】
-
管理人の承認後に表示されます【2008/03/06 05:55】

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析