アパートの引渡し時に感激を

<アパートの引渡しの立会い>を行いました。
とても珍しい事態になったので、今回、この時の一部始終を実況中継します。

私の北関東のアパートについての出来事です。
仲介業者さんが立ち会わずに、退去者の退去日に立ち会ったのは、今回で2回目です。

業者が立ち会わずにオーナーが一人で退去立会いをすることは、通常はありえないことですし、入居者の使用状況中については、当然ながら、室内の様子をオーナーは内部を見ることが出来ません。
もし問題があれば、その場で費用の戦い?が起こることもあり、勇気がいることですよ。
(もちろん出来るだけ、戦わずに済ましたいものです。)

この部屋には女性が一人で住んでいまして、今までに問題が起きていなかったので、緊張をしつつも、何とかなるだろう?、きっときれいに使っていたことだろうとの心持ちで、その時をむかえました。

で、<当日の様子>です。
午前中の時間きっかりに現地に行き、すでにその人との初対面を迎えました。
オーナーは入居者を顔を合わせる場合よりも、顔を合わせない場合が多いですから。

(1)丁寧に挨拶。
これは大事です。
たくさんの人とお会いすることが多いため、挨拶で人の性格を感じることが出来るようになり、
この方の心地よい挨拶で、一つ目の安心が出来ました。

(2)玄関を開けました。
”きれいな部屋か”、”汚い部屋か”の緊張の瞬間です。

この部屋については、すでに次の入居者がほぼ確定していて、翌日に最終確認をすることになっているので、汚い部屋では(次の入居者からお断りを受けるとの)問題もありました。

大変きれいに使っている状態でした。
タバコも吸われていないし、まだまだ新築といえるほどのきれいさです。

(3)使用状況の口頭確認
私「何か問題はありましたか?」
入居者さん「何も問題はありません。」

(4)インフラのチェック
電気、水道もすでに停止連絡済み、郵便の転送についても郵便局に連絡済み。
この方はとてもしっかりとされている方です。

(5)設備の確認
 5-1.トイレの水の流しなおし
 5-2.各種水道栓の確認
 5-3.窓の開け閉め確認
 5-4.エアコン確認
 などなど、話しながらさりげなく行いました。
 すべて異常なし。
 (エアコンのスイッチが入りにくいのは、リモコンの電池の影響でしたね。
  リモコンの電池がマンガン電池でしたので、寿命が短いようでした。)

(6)ここからは、大家としての世間話し。
との、はずでしたが、かなり盛り上がってしまいました。

その理由は、この入居者が住んでいた部屋について、とても喜んでいてくれたからです。
この部屋を退去するのがとても残念とも行ってくれました。

以下、私が覚えている限りの、本当にコメントを受けた言葉を記録に残します。
(聞いていた私も、びっくりするようなコメントをもらうことができ、不思議な時間でした。)
=====
「友達に自慢できた」

「吹き抜けが良い、ロフトが良い、景色が良い」

「駐車場が2台あれば、夫婦で住みたかった」

「次に住む家が普通すぎて(これが悪いことではないですよ)、つまらなく感じる」

「デザイナーさんがデザインしている」

「募集図面を見た時には、入居する予定は無く、珍しい部屋なので見てみたいと思い訪問して、部屋を見たらとてもよく感じ、即決をした」

「この部屋が空いていて良かった、出会えてよかった」

「2年間、とても気持ちよくすむことが出来た」

「当初は収納が少ないと思ったが、ロフトは使いようによって、とても広い収納としても使えるし、居住空間とも使えることがわかった」

「ここに入居している人たちはみんな良い人であり、挨拶も出来て、何もトラブルは無かった」

「引っ越すのがもったいない」

さらに、”手で壁をさすったり、窓をさすったり”していました。
=====
たった30分強の時間でしたが、オーナーとして「投資をして良かった」、「良いことをしていたのだな」と思えるとても幸せな時間でした。

この状況はとても珍しいことですよね。

私が決断して、この土地と物件を取得したことにも自信が持てますが、
建物を設計してくれた設計士さん、
建築業者さん、仲介業者さんと、王道チームに感謝です。

なによりも、この建物のよさを感じてくれた入居者さんに感謝感謝です。

不動産投資はりすくがあり、こちらの方向を心配し、よく考えることが多いのですが、入居者に良い部屋を提供できること、喜んでもらえること、このようなことはオーナーだからこそ得られるものです。

お金だけではなく、とても充実した気持ちになり、これからも『良い行い事をしよう』と考え直せる時でした。

【ご連絡】
「サラリーマン大家サポーターズ・安定経営道シリーズ 客付け・満室編」

開催日時:2/28(土)14:00-16:45 (受付13:30-)
& 3/29(日)14:00-16:45 (受付13:30-)

開催場所:渋谷 → 詳細地図

残り: 15席 (今日も申し込みをありがとうございます)
*懇親会もあります。
詳細説明・申込みは、こちら→http://shop.odpt.net/daichoso.htmlのサイトにて。

←ブログランク・気持ちの一押しを

不動産投資の健美家・コラム_満室アパート経営道http://www.kenbiya.com/column/daichou/←2/18昨日公開済です。

サラリーマン大家サポーターズhttp://www.so-support.net/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

19 : 18 : 18 | アパート管理術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2/28講演1部サラリーマンが出来た中古新築物件客付事例 | ホーム | サラリーマン用確定申告時の注意1>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nd2002.blog109.fc2.com/tb.php/482-24ddc42c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析