少し視点を変えて考えてみて(家賃)

今日もうれしいお知らせを頂きました。

「全室の申し込みがありました」とのことでした。

とても、元気で、明るい回答をもらい、王道チームとしても協力をしてよかったなと思える瞬間です。

面白いことに、『家賃』には不思議な境界線があるのですね。

地域、近隣、同時期の競合にもよるのかと思いますが、家賃1万円の差はとても大きなものがあります。また、わずか数千円の差でも、
  A. まったく引き合いがない
  B. 全室一気に申し込みを受ける

この境界線を見極められれば良いのですが、なかなか難しいですね。

大家が、アパートを建てる判断をするのと同じくらい、大事なことが家賃決めです。
  ・アパートを建てて、資産を活用しなければ、お金は増えていかない。
 ・家賃を高く設定して空室ではNG、家賃を低くして満室でもややNG。
いずれも、収益に影響します。

近隣の家賃相場や競合情報の収集や、信頼の置ける仲介業者との相談など、アパート建築中、アパート完成間近、完成後も意外とオーナーは忙しいものです。

家賃の選択では、
 (i) 1室だけ、下げて試してみる。
 (ii) 高い家賃でも、時間をかけて待つ。

⇒(ii)の場合は、【比較検討】が大事。
入居募集している部屋が、『月10万』の家賃だとして、

1ヶ月空いたら、『10万円のロス』 > 家賃3千円を下げた場合は、『年間3.6万円のロス』。

2ヶ月空いたら、『20万円のロス』 > 家賃5千円を下げた場合は、『年間6万円のロス』。

2ヶ月空いたら、『20万円のロス』 > 家賃1万円を下げた場合は、『年間12万円のロス』。

2ヶ月空いたら、『20万円のロス』 < 家賃1万円を下げ、2年間入居では、『2年間24万円のロス』。


どれが正しいというわけではないのですが、
ここでの比較検討と、競合情報・家賃相場・不動産業者のコメントが合わさって、ある一定の家賃が見えてくるのですね。

上記のように不等号で表された式を持ち出してきて、ある一定の状態を作り、想像してみて、家賃を判断するのも、一考かと思います。

(以上は、私なりのやり方でした)

もちろん仲介業者さんのコメントを最大限に参考にするのも、外れが少ない選択だと思います。

いずれにしても、決定するのは大家さんです。

ここで、経営センスが問われていたりして?!

それにしても、今回のオーナーさんはゆとりとバランスがある方で、結果に満足されているところが良いですね。


【ご連絡】
「サラリーマン大家サポーターズの安定経営道シリーズ アパート建築プラン・施工・設備編」
開催日時:2009/1/25(日)14:00-16:45 (受付13:30-)
開催場所:渋谷 → 詳細地図

残り: 25 名        (懇親会もあります)
詳細説明・申込みは、こちら→http://shop.odpt.net/daichoso.htmlのサイトにて。

←ブログランク・気持ちの一押しを

健美家コラム_満室アパート経営道http://www.kenbiya.com/column/daichou/←11/19最新版公開
サラリーマン大家サポーターズhttp://www.so-support.net/ 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 49 : 52 | アパート満室空室対策 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<元気が一番(初事への恐れ) | ホーム | 出版パーティー&講演会(建築編)のお礼>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nd2002.blog109.fc2.com/tb.php/449-248cd10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キャッシング:お金を借りた経験から...
キャッシングには、緩いところと厳しいところがあります。経験からすると、大手よりも準大手の会社の方が甘いみたいです。まあ緩いということは、危ない人にも融資しているということなので、利率が高くなってしまうので、ぎりぎりで通るところにするのがべストです。ちょ... キャッシングでの個人的体験談【2008/12/28 21:13】

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析