FC2ブログ

融資を得るには銀行担当者と協力して

今日はすでにミシュランの星が発表になりましたね。
東京が世界で一番星が多かったとのこと。『おめでとうございます!!』
日本が認められたようで、とても誇らしいですね。
[もちろん、星の店には全く縁がないのですが]

【1】アパート建築用資金融資の銀行担当者は見方です(交渉の流れ)
昨日、言葉足らずだったと反省していることがあります。

銀行の担当者についてです。この方は『融資の第一関門』ですね。
担当者の出来・不出来が大きく結果を左右する為、経験豊富な方に
対応してもらいたいですね。

今では、前回講演してくれた三井住友銀行の銀行員さんにお願いをすることが
多く、融資の為に銀行周りをすることはなくなりましたが、以前、初めて
アパート用地の取得から新築を建てたときは、銀行から融資を得る為に、
14銀行訪問しました。
[理由はやってはいけない事、ローン条項なしで土地売買契約を
してしまったからです。]
[また以下は銀行の方に起こられてしまうかもしれませんが、一事例
として読んでください。]

(1)私の場合は、銀行訪問前(3日前~前日)にアポをとります。
何を準備すればよいかも、再確認します。
[きっと、出来る担当者は忙しいでしょうからね。]

電話での訪問依頼の説明がポイントで、シンプルにかつ少し大きめに
話します。
そして、話の流れ(仕事で忙しいと伝え)で大抵は15時以降に銀行に訪問する
ことにお願いします。
[このほうが静かな環境でゆっくり話が出来ますね。]

(2)そして、当日。
まず購入予定の土地の説明
⇒建物の説明(王道チームに作成して貰ったラフプラン)
⇒工事費の予想費用(王道チーム作成)
⇒予想賃料表(これも王道チーム)を説明
⇒(いつもお世話になる三井住友銀行さんの場合はシンプルでよいのですが)
初めての担当者の場合『しっかりと黒字で安定である』事業計画(エクセル表)
を持参して説明しました。『収入-支出=プラス』

⇒そして自己の資産と収入の説明(きっとこれを初めに聞きたがるのでしょうが、
できるだけ後回しにしたいです)、しかし押しの強い銀行員にはすぐ説明しなけ
ればならない時が来ます。

⇒後は土地売買契約書の説明で、特に決算の日までに、余裕を持って融資の
内定をもらいたい。そして、決算に間に合わせて欲しいとの依頼をします。

⇒当日の担当者の話す内容で見込みが全くないことはすぐ分かるのですが、
そうでない場合はいよいよ次の段階です。

(3)第二関門、(A)余裕があり融資が出そうな場合、(B)融資が出るのか微妙な
場合、私は(B)でしたが、銀行担当者が業務時間をとって、対応・作業を
してくれるのでしたら、見込み(可能性)があるし、担当者も「『融資』という
結果を残したい」との思いになり、『私』と『担当者』は『一つのチーム』
になって、銀行の規程・稟議を通すこと・銀行の後ろにある保証会社からの
許可をえる為に、担当者が資料を作ってくれるのですね。

銀行担当者も一日ごとに言うことが異なる場合もありますが、試行錯誤して
くれている結果なので、出来るだけ正直にそして迅速に依頼を受けた資料を
準備するように対応しました。

ギリギリのときには、銀行担当者に気持ちよく、努力してもらう為にも、
言葉尻をつかんだり、苦労や嫌な思いをしてもらっては、結果に繋がりませ
んし、チームとして何のメリットもありません。
気持ちよく、もう一踏ん張りの資料を作ってもらう為にもです。
[今後、長い付き合いになることもあり、2回目以降はより話がスムーズに
進みますしね。]
[特に、2回目以降はより多くの融資額とより少ない利率(条件)を得る為に。]

*注意は昨日と同じですが、全ての資産を開示することはないと思います。
担当者によっては、いろいろと担保を依頼されてしまいますから。
しかし全ての受けているローンは開示します(調べれば分かることですからね)。
←気持ちの一押しを
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 55 : 45 | アパート建築体験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<土地売買契約の注意&優位に融資を得る為に | ホーム | アパート建築用資金の銀行融資依頼方法>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nd2002.blog109.fc2.com/tb.php/159-c77a772c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析