FC2ブログ

アパート投資の頭金の作り方

昨日の現場見学会はお疲れ様でした。
(そのアパート建築現場見学会の様子です)
20071103Underconstruction.jpg

また、今日は絶好の行楽日和でしたね。
そんな中、王道チームの動きはとても活発でした。
現在は、アパート投資初のゼロ型アパートの大詰めですからね。
現場ではとても大忙しの状況です。(怪我のないように気をつけてください。)

==
今回は、私がアパート投資を始められたきっかけの一因となった
『頭金の作り方』です。

その前に、「アパート投資ではいくらの頭金が必要か?」が
「いくら貯めれば(作れば)良いか?」の目標が決まりますね。

(1) 大手メガバンクでは、一般で規に『3割』といわれています。
(2) その他の中小銀行・信金などでは『2割』でも可能な場合があります。
(3) ある一部の金融機関では投資プラン・個人資産状況により『1割5分』
でも可能な場合もあり。

(2)のケースで、1000万を準備すれば『5000万の土地・建物』での
アパート投資が見えてきますね。

(3)のケースでは、1000万の準備で(1億と言わないまでも)6000-7000万の
アパート投資が期待できます。

(今回は、5000万から7000万円でどれ程のアパートが建つかは別として、
『頭金作り』に集中します。)
そうです。
まず、アパート投資の第一目標は、まず『1000万』ではないでしょうか?
[勿論、投資のやり方により、300万や500万でも成功している人もいます]

一つの例ですが、ちなみに私は、まずは貯金でした。
[10数年前はネットの銀行/株/FXは一般的では無かったですから。]

就職当時から、給与から財形貯金として『10万/月』を積み立てていました。
その内訳は、「財形に5万/月」、「$に2万/月」、「金に1万/月」、
「投信に1万/月」、「SMBC積立に1万/月」。

これは『年間120万』、10年ならば『1200万』です。
つまり、(単純ですが)22歳で働き始めたら、『32歳ではアパート投資が
出来る』ということです。

私の場合、当初は「自宅購入資金」として積立を始めていました。
さらには、就職する前から妻と同居していましたので、狭い・安い家賃に
2人で住んでいた為、もともとダブルインカムで0.5人分の家賃で
良かったことになります。

また、生活スタイルのダウンサイジングも忘れてはいけません。
将来に、大きなお金をどのように使おうか考えているだけでも、
我慢は出来るものですよ。

それから、ボーナスでも出来るだけ、無駄使いをせず。一部貯める。

そうするうちに、$定期では為替利益と利息、金では10年でほぼ倍増
(今でも現物資産として魅力ですね)、投信も倍増以上(ちょうどバブル後の
低いときに買うことが出来たのですね)。

というわけで、意外と『不可能とは言い切れないもの』ですね。

もちろん、私は数棟ですので、他の理由もありますし、学生時代のバイト
しまくりや、郵貯の1.6倍増も利用、$80円台も活用、そして株も十分に
利用させてもらいました。

[これについては皆さんのほうが運用方法は詳しく、すごいのでしょう。]

でもキーとなるのは、無駄使いしないことです。
海外バックパッカーなど、お金を使わず十分に楽しむことは多くあります。

[学生時代の長期休みは、殆ど日本にいませんでした。理由は日本にいると
お金が掛かるし、海外の経験のほうが面白かったからです。]

アパート投資をやれない理由を考えているのでしたら、その党利の結果に
なってしまうのではないでしょうか?

『出来ると思う気さえあれば、必ず出来る。(思考は現実化する!!)』
ですね。
←気持ちの一押しを
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 46 : 36 | 従業員から事業主へ | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<アパート用地探し&サラリーマン向けプラン | ホーム | Iアパート建築上棟しました>>
コメント
いつも楽しく読ませていただいてます
いつも興味深く読ませていただいています。自ら大切な資金を投資している以上、不動産に関する問題意識をかなり深くお持ちですね。頭金をいかに貯めるかは不動産投資には重要ですよね。
さて、本日の日経ネットの経済欄の16時3分の掲載記事に東京の特別区など自治体が単身ワンルームに住む住民対策としてアパート所有者への規制を条例化しているという記事がありました。今後の少子化傾向の中、東京だけは地方からの流入人口、世帯分離のために賃貸住宅市場としてはまだ当分の間余力がありそうな感じはしましたが、都内自治体がこのようにあからさまな単身世帯規制をしてきたことは今後の都内におけるアパート投資にも少なからず影響があるのではないかと考えられます。
アパート投資の王道の会員が目指すアパートは最低でも30㎡以上のものであって、従来基準からいえばワンルームとはいえないかもしれませんが、今後、居住水準の常識が変動していく可能性が変動していくことも考えられます。そうすると自治体がいつワンルームの定義を変えてくるかわかりません。賃貸経営を取り巻く環境は今後どのように変化していくかわかりませんん。こう考えると市場の変化や規制変化を常に読み取ることが大事なのでしょうが、投資時点ですべての変化を読み取ることは神のみぞ不可能です。結局は新たな規制にもいつでも対応できる資金的余裕をもってフレキシブルに対応できる賃貸経営パフォーマンスが必要だということでしょうか。
いずれにせよ、常に慎重かつ情報感度をあげていくことが重要ですね。
by: 松本邦男 * 2007/11/05 22:20 * URL [ 編集] | page top↑

現場見学会にお邪魔できなくて残念です…。写真で見ても柱が多くて普通の木造アパートと違うのがわかりますね。

頭金作りには運用方法も大事ですがやはり「無駄に使わないこと」が一番ですね。これが出来ればアパート完成後も長期修繕計画どおりに修繕費を積み立てられるので、アパート経営を考えておられる方には重要なことだと思います。
by: kawamura * 2007/11/05 11:41 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nd2002.blog109.fc2.com/tb.php/142-e8631b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Sarahの超シンプル♪システムトレード♪
こんにちわ!「Sarahの超シンプル♪システムトレード♪ 」のご案内です。是非一度おいで下さい。もし、ご迷惑でしたらお手数ですが削除して下さい。 投資とくとく情報館【2007/11/05 05:53】

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析