FC2ブログ

NRI未来創発フォーラムとR.A.フェルドマン

NRI主催の『未来創発フォーラム2007』に参加してきました。

===
と、本題に入る前に。
『おめでとうございます』、今日は引渡しのアパートがありました。

初めの一歩 ⇒ 創造 ⇒ 選択 ⇒ 決断 ⇒ 土地売買の苦労 
⇒ 待ちの建築期間 ⇒ そして、竣工前の満室(全入居者確定) 
⇒ 竣工・引渡し(結果が出ましたね)

多くの苦労があったことと思います。その上で満室を達成したのですね。
これからの満室経営を応援します。

===
さて、本題です。
フォーラム: 『未来創発フォーラム2007』 -東京-
タイトル: 「変わりゆく世界、進みゆく日本。」
サブタイトル: 2010年の日本-「競争」、そして「共生」を考える
主催: NRI (=野村総合研究所)
開場: 東京国際フォーラムA
参加者: 2,300人
20071029NRI1TokyoForum.jpg
 参加目的は、『野村総研が予測した2010年の日本についてのレポート』
と、『ロバート・アラン・フェルドマンさん』でした。

レポートの結論は、『自立(自己責任)』と『変化の時代』。
パネルディスカッションでは『日本は、<<東京>>次第』
といったところでしょうか?

R.A.フェルドマンさんは、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで
有名ですが、番組での様子と変わりなく、物腰が柔らかく、丁寧に日本語を
使い、やさしい(分かりやすい)説明でした。
[全員がネクタイの中、一人だけ蝶ネクタイで、小洒落ていましたね。]

「プログラム」と各テーマで印象的だった「キーワード」は、以下です。

【冒頭の挨拶】が、NRI社長 藤沼彰久さん
・2010年を予測する上での悪材料は「国の借金」、「地方の疲弊」、
「少子高齢化」

・良い材料は「企業の体質改善・生産性UP」、「元気な地方もあること」

・野村総研の紹介として「ユビキタス技術社会でのナビゲーション
&ソリューション」を行える会社。

・今までは「企業の時代」で従業員が大半だった。
これからは『起業の時代』。
それは多くの情報を簡単に集めることが出来るようになったから。

・起業者は『自己責任意識』がないとやっていけない。

・「情報と起業の時代」では、世の中における自己の立ち位置の認識と
立ち位置を有利なものにしておくことが大切。


【講演1】『変わりゆく世界と「国際共生力」』 NRI理事長 村上輝康さん
・ハーマン・カーン著『紀元2000年』の中での可視化。1968年の予測で
1990年代に日本GNPが米国を抜くことを予測し、同じ計算式で2015年に
日本GDPは中国に抜かれ、2030年にインドに抜かれることになるといえる。

・『メガグロウス』=BRICS+その類似周辺国の計20カ国(メキシコ

・インドネシア・アルゼンチン等)経済成長が確実で期待できる。

・アカデミー賞の『不確実な真実』とそれにより、ノーベル平和賞を
受賞した『アル・ゴア氏』を事例とし、『環境問題』が最大の課題となり、
日本がアピールできる最後のチャンスが『北海道洞爺湖サミット』に
なるかもしれない、大イベント。

・以上のまとめとして現代は『変化』の時代。模倣でもなく、改良でもなく、
『創造』が求められる。

・『変化の時代』では、自助努力で差がつく。


【講演2】「金融大国になれるかニッポン」
   モルガンスタンレー証券 ロバート.アラン.フェルドマンさん
・投資/経済への『勉強をすること』は基本中の基本。

・日本人は『自己責任能力』がないどころか、投資への理解が足りない、
とても危険。「投資免許の導入も」(しかし、米国でも危険が多い、
「アリゾナの高級住宅を5軒、頭金無しで買う人もいる」これは自動車無免許
と同様で危なすぎること。)

・『日本のシステム』は世界基準に対応していない。『ブラック・ベリー』
(カナダ発のいわゆるスマートフォン、PDAのようなもの)
2006年にNTTドコモが日本語版を発売しとても使いやすいが、海外版との
互換性が悪すぎる。

・産業構造の変化に伴い成長するのは、『IT・機械・建設・R&D・資源探査
・サービス業』。

・日本がやらなければいけないことNO.1は『全ての稼働率を上げること
(土地も)』。

・英語力が足りないし、そして、国際的に活躍できる人が足りない。

<パネルディスカッション>
これも面白かったのですが、今日はもう遅いので後日にします。

また、上記は講演内容の概要・キーワードのみだったので、その目的
・経緯・予測・理由についても、
機会を持って、説明できると良いと思います。

さらに、『NRI未来年表2007-2020』も面白いのでブログにします。

今日のところは、速報として、備忘録として、ブログにしてみました。

[キーワードだけを見ても起業の素(スパイス?)がありますよね。]

[アパート投資でも、不動産賃貸業としてでも有益でした。]

[結果は利益・損益対照表・バランスシートで現れるでしょうけどね。]
←気持ちの一押しを
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 39 : 01 | 従業員から事業主へ | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
<<投資家のゆとり&アパート設計チーム | ホーム | Iアパート計画基礎立ち上がり済み>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nd2002.blog109.fc2.com/tb.php/136-99fa6a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2016/12/06 01:55】
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を
脳は筋肉と同じで痩せたり太ったりする。高ストレス下だと脳が萎縮するという話を自分は聞いたことがある。アスリートは筋トレを欠かさないことで、筋力や運動機能を維持する。では脳は?現代社会において脳機能をすり減らしてしまってることがあり得ることは想像にたやすい ビジネスがいっぱい【2007/11/01 02:32】
モルガン・スタンレーモルガン・スタンレー(''Morgan Stanley''、ニューヨーク証券取引所|NYSE:MS)は、アメリカ合衆国|アメリカの証券会社・投資銀行である。なお、アメリカの大手銀行であるJPモルガン・チェースとの直接関係はない。.wikilis{font-size:10px;co 世界の金融用語【2007/10/31 16:48】

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析