FC2ブログ

中古住宅流通量 日本/アメリカ/イギリス/フランス

以下は、国土交通省の統計です。

不動産市場で、売買されている住宅(建物)における

中古物件と、新築物件の比率のデータがあり、

日本、アメリカ、イギリス、フランス

との比較ができる形です。

全体の流通物件数における中古住宅の比率は、

日本   37%

アメリカ 78%

イギリス 89%

フランス 66%

計算式は、

→ 中古住宅流通量 ÷(新築住宅流通量 + 中古住宅流通量)


圧倒的に、日本の比率が低いですね。

日本では、まだまだ中古住宅の価値が認められていません。

多湿、木造などいろいろな理由があるのかもしれません。

また、価値が認められていないのではなく、

本当に、中古として流通される価値のある物件が、

少なく、今まで物件は、

中古流通の為に作られていなかったのかも?


(実際に中古でも高値で売買されている建物もありますね。)

ということで、物件を売る為に、

キャピタルゲインの為に、

建物を新築するわけではないのですが、

海外の国の様子をみると、

日本の建物について、考えさせられることがありますね。

アパート経営においては、

できるだけ売り抜けることを考えなくてよい、

ずっと所有し続けられて、

しかも収益を得られ続けられる物件を

確保できると良いですね。


ちなみに、新築の比率は、

日本   63%

アメリカ 22%

イギリス 11%

フランス 34%

です。

イギリスや、アメリカでは、

新築物件の数が極端に少ないように見えます。

日本からみると不思議です。



【お知らせ】
コラム『満室アパート経営道』全60回記念セミナー 第1話
日時: 2010/7/11(日)
 (満席御礼の為、募集を終了させていただきました。)

不動産投資の健美家・コラム_満室アパート経営道http://www.kenbiya.com/column/daichou/
↑6/16、第60話(第5クール第12話)が公開されました。


不動産投資の収益物件


サラリーマン大家サポーターズhttp://www.so-support.net/ 


blogram投票ボタン

←ブログランク・気持ちの一押しを
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

17 : 06 : 24 | 不動産市場情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析