FC2ブログ

個人・自宅への融資額について

今日のロイターニュースに『7月首都圏マンション発売戸数は44.5%減、96年10月以来の大幅減』とありました。

情報元は、民間の不動産経済研究所の発表との事ですが、マンション市場動向では、
・7月の首都圏マンション発売戸数は3554戸で、前年比44.5%減。
前年比の下落幅としては1996年10月(54.3%減)以来の大幅なもの。

・マンション契約率も53.5%で、08年1月の52.7%以来の低水準。
同研究所では「需給ともに低調」な状態が続いているという。

<ここからが個人が自宅としてマンションを購入する場合の話>
=Yahooニュース・経済版==
マンションの1戸当たりの平均価格は5309万円。
平均年収を700万円とすれば、平均価格はその7.6倍となっており、購入可能倍率と言われる5倍を大きく上回っている。
==============

自宅のマンション価格が、5300万とは30代でもなかなか手が出せないですよ。
しかも、平均年収が700万とはかなり高い水準での話ですね。

でもこの例えは間違っていなく、平均年収が700万としてもマンション価格は7.6倍とのなるのですから、500万では10.6倍ですね。

購入可能倍率が5倍ならば、マンションが売れないのも当然ですね。

ところで、『購入可能倍率』とは何でしょうか?(引っかかります。)

検索してみたところ、住宅ジャーナリストの大井健さんのコラムが出てきました。
goo住宅・不動産http://house.goo.ne.jp/useful/column/C00669.html2008/5/26版より、

テーマ「「年収倍率=5倍が理想」説を疑う」

ここでは『年収倍率』となり、『購入可能倍率』とは文字が違いますが、内容は同じではないかとの自己判断をしました。

大井さんが言う、『年収倍率』とは、「(自宅の)買いやすさを表す指標の一つで、一般的には年収の5倍以内が望ましいとされている。」とのこと。

大井さんのコメントの面白いところは、この一般説を疑っているところ(コラムの後半部分)。

5倍以内とは、バブル期のときの話で金利が高いときの話との事でした。

<<購入予定者像を、年収550万円、35年返済、ローン負担率25%、頭金2割とすると>>
現在は超低金利であり、バブル期の金利を今の金利にして換算し直してみると、

金利のみ2%にして計算すると、購入可能額は4300万円、年収倍率では7.8倍

金利のみ3%にして計算すると、購入可能額は3685万円、年収倍率では6.7倍
とのこと。

この方は「年収の5倍以内が自宅の購入可能額というのは疑わしい。」と言っているのですね。
==ここで購入可能倍率の説明について終わり==

23区内では、現行のマンション価格は5000万であったり、世田谷区の1戸建てが6000万~8000万というのはほんとに高すぎですね。

こんな物件を買える人はわずかでしょうね。
マンション販売戸数減、契約率は53.5%とのニュースが出るわけですね。
それこそ、年収1000万以上の人たちだけでしょうね。
土地価格や給与が上がらないのに物価が上がることも、世の中矛盾だらけですね。

世田谷区で、6000万~8000万で小さいですがアパートが建てられて、収入が見込めることと比較してみると面白いことになりますね。
(自宅からは、収入が見込めないので。)

この状況だからこそ、自宅ではなく、事業として銀行から融資を得ることが注目されるわけなのですね。
それはどの土地でも、どの建物プランでも良いというわけではないのですね。
頭を使う価値があるものです。
ご連絡:
『サラリーマン大家サポーターズ・安定経営道シリーズ<土地探し>第2回』を行います。
土地情報を見て、アパート建築プランの予想が出来るようになれる効果がある講演会です。
100円ショップ版で良いので『電卓』を持参してください。
暑い中、より多くの情報を集められた人が競り勝つのでしょうね。
開催日時:2008/8/23(土)14:00-16:45 (受付13:30-)
残り席:『12人です』 本日はまた2人の申込みありがとうございます。懇親会も行います。
詳細説明・申込みは、こちら→http://shop.odpt.net/daichoso.htmlのサイトにて。


←ブログランク・気持ちの一押しを

サラリーマン大家サポーターズ_アパート大家の満室体験談http://blog109.fc2.com/
健美家コラム_満室アパート経営道http://www.kenbiya.com/column/daichou/
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

20 : 34 : 41 | アパート用地探し法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析