FC2ブログ

2008/5/18(日)にセミナーに挑戦します

先日、Iアパートが完成し満室となりましたので、これを機会に『セミナー』を行います。

と、言い切ってしまったのも、今回は「渋谷のフォーラムエイトの40人部屋」を予約してしまったからです。

日時は『2008/5/18(日) 14:00-』です。

ただ、『年金対策』、『会社倒産&リストラ不安』、『疾病不安&死亡時の家族生活保障』の為には、新築アパート投資は有効だと今でも感じていますので、この想いを皆さんに共有できたらよいのではと思います。
(特に有名になろうとして、このような告知をしているのではないですよ。)

率直には、無名の私の講演にどこまで人が集まってくれるかは不安です。
誰も来てもらえないこともあるかもしれませんね。覚悟します。

やるきっかけは、
 ・私の体験談も254回となり、漸く話す内容も相当できてきた。
  (ブログの総まとめの機会になる)
 ・東北電力での講演内容は、新潟・上越・長岡での計200人にしか聞いてもらっていない。
  (ちなみに、この時に人前で話す楽しみを知ってしまった)
 ・実は私は、普通のサラリーマンでしたが、少しだけ考え方を変えて、ここまで出来てしまっただけなのですが、これは皆さんにも出来るのではないか。
  (大きな努力ではなく、『ちょっとした違い』をテーマにすれば、分かりやすく、身近に感じてもらえるのではないか。)
 ・たまたまですが、4年続けて、4棟のアパートを取得できてしまったのですが、全て満室になっていることについて、今までの流れやその時々に知得たノウハウを皆さんに参考にしてもらう機会があっても良いのでは。
などなど。

私の体験談・知ることが出来たノウハウをテーマに話をさせてもらいたい、話を聞いてもらいたいと思っています。

今回は、既にアパートを所有している人ではなく、
 1.これからアパートを所有しようとしている人には素人の状態から始めた経験を知ってもらう事
 2.不動産投資に興味はないが現状の生活や将来設計に新しい変化を求めている人に、投資をしない場合との投資をした場合の比較。
 3.投資でも株式投資・外国為替(FX)・ワンルームマンション投資・中古1棟アパート・新築アパート投資の違いについて経験談 [ちなみに幸か不幸か、すべてやってしまいました。]

セミナー会場だけは確保でき、いろいろ書きましたが、実はまだ、セミナーの『表題』や『概要』も決まっていないのです。

以上は今考えられることですが、当日に向け、準備をしていきたいと思います。
またこれからのブログも、セミナーに向けての準備状況をお知らせできれば良いかと思います。

とにかく、心配は多い状況ですね。
何とか期待に応えられるように仕上げていきたいと思います。

説明して欲しいテーマの希望(過去のブログの件でも構いません)や参加希望がありましたら、このブログ右下の『メールフォーム』は公開ではないのでここに記載し送信してもらっても構いません。

また、このフォームで相談をしていただいても構いません。
私も多くの人と話しをしてみたいと思います。
5/18のセミナーに生かせるかとも思います。
←気持ちの一押しを
世田谷区アパート大家の満室経営体験談http://blog109.fc2.com/
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 50 : 19 | アパート大家の挨拶 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

小泉純一郎さんと竹中平蔵さんの食事会

新聞にも出ていない記事です。
以下の話しは、信じられますか?

私が初めに聞いたのは、アーク都市塾のコメンスメントセレモニー(100人程の参加)でのことでした。
ある一橋大学教授の挨拶のときです。
「3月19日に小泉純一郎さんと竹中平蔵さんがお寿司屋さんで食事をしたそうです。」
→ (3/13には小泉さんが浜松で講演をし、元気な姿を見せていましたね。)
→ この件について竹中さんが小泉さんに「最近小泉さんの首相再登板の声が高まっていますね。」との質問。
→ (小泉さんの回答)「そうだな、ほんとあるな。」

→ (続けて、小泉さん)「やーるわけないだろ。」との回答。

本当の出来事とも作り話とも、見分けなつかない話でした。
その現場にいた人ではない人からの話であり、確かに信じられたわけではないのですが、なんとも小泉さんらしい話しだなとも思いました。

それから、2日後、アカデミーヒルズライブラリーにて、竹中平蔵さんのサロンがあり、当の本人からの話を直接聞く機会があり、
(竹中さんより)「2日前に、小泉さんよりすし屋に誘われた。」
との話が出てきました。

これは実際に会ったのだなと思えました。
人伝てよりも、実際の当の本人に聞くことは大事だと、つくづく感じたものです。

で、話に続きがあります。
竹中さんが話したかったことは、小泉さんに初めて会ったときの『逸話』でした。
「小泉さんの要望により、竹中さんが経済の話をしていたとき、小泉さんは腕を組みながら、ずっと目をつむり、話を聞いていた。」
→ (竹中さん)「その後、しばらく小泉さんと話すようになって気がついたことは、この人は話の中の枝葉を捨てて、幹のみを持ち帰っていたのだと。」
→ (竹中さん)「腑に落ちたことのみを記憶に残していたのだと。」

→ (竹中さん)「腑に落ちたものは、強烈に記憶に残り、これは話しても、人に伝わりやすい。」

→ (竹中さんの結論)「これがリーダーの条件の一つ」だと。

私はこのときのことをじっと忘れないでしょう。とてもよい機会(話を聞く機会)を与えられ、光栄でした。

最後に、竹中さんより、経済学者から、政界に入り、感じたことを話してくれました。
それは「政治家はとにかく聞くことが下手。」
→ 「政治家は人の話を聞かない、聞く前にしゃべる」とのこと。的を得ている表現だと思います。
→ それから「政治家でえらくなる人は聞き上手の人。」
→ 代表的な人が「小渕さん」、そして次は「小泉さん」とのことでした。
竹中さんの実感なのでしょうね。

さて、これは3/21の夜のたった30分の出来事でした。

人から聞く話では納得できないことがありますね。
問題は、人を介した情報はやはり不確かなものですよね。

強引に不動産情報に持っていってしまいますが、人からの情報はある程度は参考にし、でも頼り過ぎない、自分が第一次情報として、現地に行き、現物を見て、生の声を聞くことが大事ですね。
これをやってこと、自分が決断できるのだと思います。
特に不動産に投資をすることは、大きな決断ですからね。
←気持ちの一押しを
世田谷区アパート大家の満室経営体験談http://blog109.fc2.com/

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 29 : 59 | 従業員から事業主へ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析