FC2ブログ

入居者の部屋探しチェックポイント

今回は「部屋探しをしている人はどんな視点でアパートを見ているのか?」について、見てみました。

部屋探しをしようと考えた人が、手軽にコンビニで手に取ることができる賃貸住宅ニュース『CHINTAI』の記事です。

「室内、物件の周辺では、ここをチェック!!」
・ 部屋の広さ・天井の高さ 
・ 駅までの所要時間
・ 設備
・ 収納
・ コンセントの数
・ 窓からの景色
・ 日当たり・風通し
・ 防音
・ 駐車場
・ 付近の施設
・ 買い物の便利度
・ 昼夜の変化
と、12項目が挙げられていました。

[入居者としても、引越しは簡単に出来るものではないですし、重要な決断ですね。しかし、限られた休日の時間の中で住む部屋を決めなければならないのですから、負担は大きいですね。]

[以上の12項目だけでは、十分ではないかもしれませんが、失敗しない為に最低限必要な項目として、知ってほしいとの思いが編集者にはあったのでしょうね。]

最後に、面白いコメントがありました。
「大事なのは物件を必ず『自分の目で確認』すること。」

これは、物件を所有する側の立場でも同様ですね。
いや、住む人は数年(~十数年)で、その期間でも現地現物確認は大切ですから、物件を購入するときは、4回ぐらい足を運ぶべきなのでしょうね。
←気持ちの一押しを
世田谷区アパート大家の満室経営体験談http://blog109.fc2.com/
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

14 : 59 : 58 | アパート用地探し法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析