FC2ブログ

江戸の石川英輔さんと竹中平蔵さん(2)

前回の続きです。
[まだまだ、自習室は盛況です。1/31 22:30ですよ。] 
20080131 48F-2

20080131 48F-3

20080131edo0-10.jpg

昨日のサロン(この本↑を読んでの感想会)の中で印象に残ったコメントをいくつかあげてみます。
[1-4は、竹中さん語録ですね。]
【1】
竹中平蔵さんから、石川さんが発した印象に残る言葉を話してくれました。
(竹中さん)「昔(江戸時代)は、人が自然によって、間引かれていた。」
[昔の生活環境に適合しない人が亡くなることは当然であった。と聞き取れました。]

(竹中さん)「だから、昔が良かったとはいえない。」とのコメントでした。
[今は、平均寿命も延びているので、今は医学も発達しているので、それを否定することは出来ませんが、50歳でなくなるのが当たり前のときは、それなりに生きていたのでしょうね。]
[生きることをテーマにしてしまうと難しくなりますが、よい生活を知ってしまうと元に戻れないことは理解できます。]

【2】
(石川さん)「以前、郵政、いや郵便局の仕分けの自動化に対し、局員から反対の署名を求められた。理由は局員の仕事がなくなるからだという。あれもおかしい話だった。」

⇒(竹中さん)「自動化について事例を出したのですよね?『郵政』との言葉には敏感ですから、そのコメントに身構えてしまいましたよ。(皆、爆笑)」と言った一場面もありました。
[元郵政民営化担当大臣ですからね。]

【3】
(竹中さん)「『土にかえる』という石川さんの言葉が印象に残っている」、「いつかこどもたちが昔を体験できる場を作り、石川さんのような人が子供たちに話しが環境を作りたい。」
[良いコメントですね。是非参画したいです。]

【4】
(参加者からの質問)「江戸時代を美化することと、国策である経済を成長させることは矛盾があるのではないか?そのことについて竹中さんはどのように考えているのか?」

(竹中さんの第一声)「国策はすでに死んでいます。」(シーン)「今のは、冗談ですよ。」(爆笑?失笑?)

(竹中さん)「経済成長は国策ではない、国民調査の結果、皆さんが経済成長を望んでいるので、政府は動かなければならない、私個人としては今より豊かになる必要は無いのではと考えている。」
[公的な立場でのコメントと、私的な立場でのコメントは違いますね。]

【5】
(石川さん)「今の世の中は、贅沢をしすぎている。」「むやみに便利、楽を求める前に、良く考えたほうがよいのではないか?」との指摘がありました。また、蛇足ですが、「靴は5足でよい。どこかの大統領夫人のように何百足も必要ない。」など。
[本当に、日本、世界は、便利や豊かさを求めてどこまで行ってしまうのでしょうか?]
[きっと、人それぞれに、『適度』があるはずですね。]

アパート居室が広すぎても狭すぎてもだめ、駅から遠すぎても近すぎてもだめ、土地価格が高すぎてもだめ、安すぎて悪いことは無いのですが現況・実態をつかんでおきたいです。
利益をあげすぎても赤字でもNGですね。
[さら、適点探しをします。]
←気持ちの一押しを
世田谷区アパート大家の満室経営体験談http://blog109.fc2.com/
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

16 : 44 : 32 | 従業員から事業主へ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

江戸の石川英輔さんと竹中平蔵さん(1)

この文章を作成している時点(1/30)ですが、今、「サロン」が終了しました。
そのすぐ後に隣の自習室でこのブログを書き始めました。
良い感じでボケていますが、東京タワーが見える自習室↓です。
20080131 48F

先ほどのサロンの主役は江戸研究の第一人者「石川英輔」先生です。
その進行役が、竹中平蔵さんでした。

サロンの内容は、
書籍『江戸と現代 0と10万キロカロリーの世界』、 著者『石川英輔』(講談社)
についての講演と質問会で、この本を読んで参加します。
20080131edo0-10.jpg

所要で、この会の後半しか参加できなかったのですが、遅れてでも来られて良かった。
石川さんの博識(江戸について知りすぎ?)と竹中さんのユーモアセンスが最高に面白かった。
[やっぱり、テレビより生!!ですね。]

で、本の概要は、Amazon.co.jpのコメント(出版社/著者からの内容紹介)を引用すると、
===
私たちの暮らしは、10万倍、豊かになったのだろうか。便利な暮らしと引き替えに得たものと失ったもの。この豊かさに、私たちはいつまで耐えていけるだろう。
●乗る:駕籠に乗る・歩く→自動車・電車・飛行機 ●冷やす:保存しない・冷やせない→冷蔵庫 ●伝える:飛脚→郵便・電話・電子メール ●照らす:行灯→電灯
0キロカロリーで暮らしていた江戸時代から、10万キロカロリーを消費する現代へ。江戸期の多数の図版で見ながら今の暮らしに潜む危険を検証。
===

江戸の0キロカロリーとは、人力を利用し、天然物を使うだけなので、自然界のエネルギー収支は「0」との考え方でした。

しかし、「江戸時代、人はそれなりに不自由さを感じず、それなりに満足して暮らしていた。」、「今の世の中を想像できるはずもなく、自動車に乗りたいなどとは思っていなかった。」

私が印象に残ったのは、
『しょせん人間は、「起きて半畳、寝て一畳。飯を喰っても五合半」の動物。』
[今の私たちは、何を目指しているのでしょうね?何を急いでいるのでしょうね?]

石川さんは、江戸時代がいかに合理的で、楽しく、豊かに暮らしていたかを熱く語る人でした。
「人はいくら贅沢しても、今の2倍は食べる必要が無い。」、「靴は5足でよい。」、「今の時代が贅沢すぎる。」、「夏は暑く、冬は寒いもの、環境破壊よりは、しもやけがまだまし。」
[当たり前のことのようですが、最近聞かなくなったコメントですね。]

この本の内容といい、サロンの会場では「人は生活レベルを上げると、それを下げることはできない。」「CO2排出量の多い中国で、豊かになる代償が地球破壊だといっても無理なことと同じ。」との雰囲気になり、一時、出口が見えない状態でした。

そこで、竹中さんが私を指して、質問の機会をくれました。
[あの竹中大臣http://takenakaheizo.cocolog-nifty.com/と時間をともに出来ただけで満足だったりして?]

(私)「乗り物、電気、伝達など、豊かさを知った人は昔の苦労に戻ることはしないとのことですが、
石川先生は今後よくなる兆し(光)を感じたことはありませんか?」と質問しました。[自我自賛?]

(石川先生)「今使っている風呂は昔のもので、最新のものにしようとしたが、昔のものは小さくて良い。それは湯が少なくてよい、ガス燃費が良い、小さくて掃除が楽。人にはちょうど良いレベルが有るのではないかと感じることがあった」とのこと。

ポイントは、『気がつくこと』、それは『適度、適点』があることに対してです。

漸くアパートに戻りますが、部屋の作りにしても、人の生活の中の話ですから、『適点』があるはず。

コストを下げすぎないこと、過度にやりすぎないこと、無理を強いないこと、最も良いレベルをさがすことが、『家』作りに必要ですね。

『適度』を今年のキーワードにして、物事を考えて生きたいと思います。
[メリットとデメリットのバランス、長所と短所の取引、悪い事があれば良い事も有るなどなど、奥が深そうです。]

それから、昔を見て、今(我)を知る。[0カロリーの江戸時代にはまりそうです。]
←気持ちの一押しを
世田谷区アパート大家の満室経営体験談http://blog109.fc2.com/

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

00 : 11 : 15 | アパート用地探し法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析