FC2ブログ

「成功のコンセプト」三木谷浩史

【1】「成功のコンセプト」 三木谷浩史著
【2】 幻冬舎の見城徹さん
【3】「300万分の1位、916万分の3位4位」のお礼

雲が厚く、とても寒い。
よく言えば、「街のクリスマスの装飾」が良く映えています。

今日は、私の世田谷アパートを見てきたところ、雨で隣地の葉が落ち、
通路部はびっちり落ち葉でした。
同行してくれた宮下さんの助けにより、濡れた葉を手で拾いさっぱりしました。

入居者の方もさっぱりとした気分になることでしょう。
[入居者もアパート大家もさっぱり気持ちよくは、管理の基本ですね]

[宮下さん、ありがとうございました。]


===
【1】 「成功のコンセプト」 三木谷浩史著
今回は、書籍の感想です。

『成功のコンセプト』 三木谷浩史著 (幻冬舎)
20071203Mikitani.jpg

以下は、印象に残った言葉『ベスト3』です。

『No.1』 「人生は一度しかない。だからこそ何かを成し遂げたいと思う。」
(1995年の阪神・淡路大震災で、多くの棺を目にし、人がいつかは必ず死ぬと
悟ったとのこと)
 
『No.2』 「僕が捉えているプロフェッショナルとは、1日24時間、1年365日、
どこにいても何をしても仕事のとのことを考えている人のことだ。」

(「どんなときでも仕事のことが頭から離れないのは、問題解決の喜びや
成功の喜びが、カラダに染み込んでいるから。」)

(「次々に出現するハードルをクリアする経験をしていくと、世の中に
それ以上に面白いことは無いんじゃないかと思うようにすらなっていく。」)

(「実際に僕は、人生にこれ以上の楽しみはないと思っている。」)

[三木谷さんの実体験からの本音なのでしょうね。]

『No.3』 「この世に絶対に不可能なことなどひとつもないということだ。
道はどこかに必ずある。」

(「人類は歴史の中で様々な挑戦を繰り返してきた。けれどその長い挑戦の
歴史が、ひとつだけ証明した真理がある。」とのことを前提にして、出て
きた言葉でした。)

(不可能だからこそ、挑戦する意味があるのだ。)

以上で、「 」内も、( )内も前述の書籍からの引用です。

それにしても、今、三木谷さんは自信満々であるとのことが良く伝わって
きます。

そして、その気持ち・体験感覚を分けてもらえるようで、元気の出る本でした。

[きっと、皆さんの活力にもなる言葉であると思います。]


==
【2】 見城 徹さん
幻冬舎の見城徹さんにも、注目です。
最近メディアへの露出が多いのですが、人並みの人生を送ってきた人ではない
ところが魅力です。

見城 徹さんのアクション(事業)を見続けたいと思います。

[三木谷さんが幻冬舎から出版したのも、見城さんの存在があったからかも?]


===
【3】「300万分の1位、916万分の3位」のお礼
またまた、「ありがとうございます」です。

前回に続き、Googleで「大家 談」と検索すると300万件中1位でした。

[2週間で、50万件のサイトが増えたことになるのですが、そんなことはない
と思うので、検索方法が変わったのでしょうね。]

Yahooで「大家 談」と検索すると916万件中3位(ブログとして1位)でした。

[しかし、順位よりも、内容ですよね。最善を尽くします。]
←気持ちの一押しを

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 08 : 07 | 従業員から事業主へ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

公的年金&世田谷アパートの価値

【1】12月の勉強会 「公的年金の基礎の基礎」
【2】浅野税理士さんからの助言 「世田谷アパートの価値」
【3】六価クロム・銅で育つ野菜?? 「中国」

===
【1】12月の勉強会「国民年金の基礎の基礎」
今年、最後の勉強会が終わりました。
望月さんありがとうございました。

期待以上の勉強会になりました。
とにかく、望月厚子さんは熱い方ですね。
「人々の生活(年金対策)を良くしよう」との強い意気込みが伝わってきました。

[このビデオセミナー公開(WEB版)も期待できますね。]

以下が、この講演で私が特に印象を受けた言葉のベスト3です。
(No.1)「診察券(領収書)は決して捨てないで」、健康診断書も捨てないで、
『初診=障害認定日』

(No.2) 会社を「辞める前」には、必ず『健康診断』を!!
 (厚生年金の障害年金を受取る為に)

(No.3) 58歳の誕生日の翌々月に老齢年金支給の為に『年金加入記録のお知らせ』
がとどく

その他では、
 ・年金は「申請主義」
 ・公的年金制度の仕組み(1階・2階・3階)
 ・「周りの人がもらえて、私がもらえない」ときの本人の気持ち
 ・S36/4/2(女性S41/4/2)以降に生まれは、老齢基礎年金の支給は65歳以降

[再びですが、望月さんありがとうございました。]


===
【2】浅野税理士さんからの助言 「世田谷アパートの価値」
世田谷でも、地方でも、アパートの価値・価格は、ほとんど変わりません。

[安心して、快適に、そして豊かに過ごせる部屋を入居者に提供する意思に
変わりはありませんからね]

しかし、1部屋の家賃は、倍以上違います。
同じアパートを建てても、その収益性や事業価値は大きく差がつきます。

「世田谷」と「その他の地域」とで家賃が『2倍』違えば、アパートの収益性は
『2倍』違います。

収益性だけでなく、より高い家賃の部屋に住める入居者は、より健全な生活を
している場合が多く、大家としても安心して、アパート運営が出来ますね。

[しかも、とても面白く、アパート経営が出来ます。]

ですから、(事業性を重視するなら)『同じアパートを建てるのならば、
世田谷・目黒がよい』
と浅野税理士さんからも説明がありました。

普段、アパート投資の王道が話している理論でもありますね。

しかし、土地を購入する場合は、もう一つ大事な条件があります。

世田谷と地方では、土地価格は2倍以上違うことがありえます。

これは、土地とアパートを同じように考え、合算して計算する人もいますが、
土地とアパートを分けて考える方法もあるでしょう。

それは、『土地は物質的には変化がしない。』
しかも、土地は購入直後に登記ができ、他の人に奪われることも無い。

土地の価値は上下しますが、もともとアパートの家賃からのインカムゲインを
目的とした事業なので、安定して落ち着いて、アパート運営をしていればよい。

土地の価値が上がったときには、担保価値が上がり、追加で融資を得ること
も出来ます。

また、日本中で比較的土地の価値が下がりにくい地域が世田谷・目黒です。

以上のような考え方が全てではありませんが、判断をする上で、一度は
具体的に検討しても良いのではないでしょうか?


===
【3】六価クロム・銅で育つ野菜?? 「中国」
今日の「プレミアA」(フジテレビ)は、過激でしたね。
テーマは、『中国で作られている野菜』についてでした。

畑が大工場の隣にあり、用水路の水は緑色・黄色がまじった毒々しい色でした。
油も浮いている。

検査の結果は、六価クロムと銅が検出されました。

そんな水で、野菜が育てられていました。

農家Aのコメント:「あの用水路の水は怖くて使えない」、
        「水は1日寝かしておけば、浄化されるから問題ない」

しかし、もう一言は「野菜は綺麗な水で育つことが一番よい」

農家Bのコメント:「このねぎはまっすぐで色が良い」、
        「厳しい日本の検査を通過する野菜だから大丈夫」

⇒ このコメントは本末転倒ですね。
  「野菜が安全だから日本の検査に通す」のですよね。

⇒ 万が一、検査漏れがあったら、大変なことになりますね。

⇒ 中国野菜がますます信頼できなくなります。 

[人の思いよりも、一歩先を行く対応が肝心ですね]

また、「野菜を洗う為の洗剤」もあるそうです。
[中国人も信頼していませんね]

[但し、この報道が行き過ぎてないこと、風評被害にならないことについても
注意が必要ですね。]
←気持ちの一押しを

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 54 : 17 | 年金対策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

アパート新築の決意理由&インフレ時に

【1】アパート用地取得と建物取得時の決意
【2】インフレ時にアパートを所有していることとは
今日は12/1。
「相田みつを」さん曰く(月の初めの言葉は) 『いまから、ここから』でした。
いよいよ最後の1ヶ月、2007年の総まとめになります。
「今年はどんな年だったでしょうか?、どのように締めくくりますか?」

===
【1】アパート用地と建物取得時の決意
1. 不動産投資の良さを書籍・セミナーで知り、1棟アパートを持つと決めていた

2. 従業員(サラリーマン)であることから抜け出したかった

3. 事業立上げと運営を経験し、そこで何をどのように感じるかを知りたかった

4. ワンルームマンションを購入した後で利益が出ず、失敗を悔やんでいた

5. 毎月の積立・株の上昇で、頭金が準備できていたこと

6. 『入社時から月10万積立をしており、僅か10万の家賃でも返済できたこと』
   ↑これはけっこう『面白い話』と思います。↓
 学生時代から積立を行っていたのですが、当時の郵便局定期預金ほどの
金利が付かないことで、貯金のメリットが無いことを感じていた。

⇒ 今まで貯めた千数百万の使い道を検討し、アパート用地購入の頭金とした

⇒ 土地・建築費の融資額から満室時は『黒字』であることは見えていた

⇒ しかし『空室で「赤字」も考えられたが、毎10万の積立は続けることから、
『月マイナス10万』でも、痛く(プランが変更になる事)はなかった』
↑↑8年の積み重ねは大きかったです。

生活のダウンサイズをする必要はなく、もともと小さな生活をしていたのですから。
それでも、つまらない生活ではなかったですよ。

⇒ 毎年1週間の海外旅行にはいけていましたから(プーケット・モルジブ・
ケアンズ・メナド等)

 [すみません、妻の勤労のおかげも大きくあります。]
 [せこい話では、新車は買ったことがありません。]

でも、もともと毎月積立は60歳で退職後の海外移住の為に、貯めていたの
ですが、この件は使い方のプランを変更してしまったのですね。

⇒ 海外移住の目的は失っていませんよ。

また、利回りではなく、毎月の収支を考えると、
『例えば、4500万、2.8%、25年のローン返済額は、月21万』

もちろん満室で『黒字』のプランを作成していて、今でも満室ですが、
毎月10万積立をしていた私としては、アパートで50%の空室が出たり、
全家賃が半分になったとしても、破綻の心配はなく(-1万は年1万の昇給で
カバー)、リスクへの許容度がありました。

後は、土地・賃料・アパート等を調べれば調べるほど、他の選択肢が消えて
行き、アパート投資の王道で良いと考えにたどり着きました。

この調べ方・感じ方・今までの生活の仕方・頭金の作り方は、人それぞれ
ですので、王道チームとしては、提案のみまでサポートできるのですが、
その後の決断は、依頼された人の判断に任せないといけないですね。

後は、土地は『縁』ですから、無理をしすぎないことも大事ですね。
王道チームとの付き合いも『縁』ですからね。

===
【2】インフレ時にアパートを所有していることとは
ある税理士さんから、『考え方』の一例を教わりました。

「シンプルに考えて、インフレ時には金の価値が下がった分、
現物(土地・建物)の価値が上がる」

「お金の価値が半分になったら、土地の価値は倍になる」と考えることも
出来る。

極端に言うと、その時、変動金利でよいのか?
⇒ 『よし』です。

融資額の元金は確定しているのでその金額は変わらないのですが、インフレで
土地の価格は上昇している。

例えばインフレの為、5年間でお金の価値が半分になったとして、
⇒ 「元金は5年前の価額(銀行契約書記載額)なのに、土地の価値は倍に
上がっている」

たとえ変動でも、契約時とインフレ時の時差の分はメリットを得られます。
⇒ これがインフレ時にはその時以前に、「お金を借りていた人が有利」
とのことになります。

⇒ さらに、(借入とは別に)「インフレ時に土地を持っていた人も有利」
ですので、ダブルに有利です。

金利上昇で赤字にならないレベルまでならば、尚よいですね。

[すみません。今回は説明が解りにくかったでしょうね。また出直してきます。]

[でも、包み隠さず、公開していることで、今回よりは次回が少しでもより
うまく説明できることにつながると思います。]
←気持ちの一押しを

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 27 : 12 | アパート建築体験 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
前ページ | ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析