FC2ブログ

相田みつをさん『生きているうち..』

今日は、『相田みつを』さんの、
『にんげんだもの』(心の暦)からの一言を引用します。
10/19の暦の一言は、『生きているうち はたらけるうち 日のくれぬうち』

私は今年の4月に企業を退職させていただきました。

今はアパート大家としての、次の人生のための基礎作りをしている
のだと念じています。

しかし、『安定した給与』と、手厚い『福利厚生』を保証された(?)
企業を退職した後は、毎日、とても緊張しています。
(昔の同期との差を実感します)
(また、アパート収入があり、安定給与がある状態は最高ですよね。
 それを捨てたのですから。)

実は、退職した当初は、「全室空室になったら、どうしよう」との
不安が常にありました。

<そのたびに、どうしたか?>
藤原正彦さんの「国家の品格」みたいですが、頼れるのは自分自身です。
『五感をフルに使い』、様々な情報を感じ取れるよう努力しました。

主には、
・『目』で現物を見て、そして解釈。
・『目』で情報誌・書籍・実話・体験談を読み、そして噛み締る(解釈する)。
・『耳』で先人の経験を聞き、講演会に参加し、失敗談も聞き、解釈する。
・『手』で触り、感触、木のぬくもり、塗装の質、ゴミも拾い、解釈する。

鼻、口はどう使ったか?
鼻は新築の室内の「香り」を感じたとうまく言ってもよいかもしれませんが、
私ができたことは、ちょっと背伸びをして、おいしいものを食べ、
ちょっと遠くへの海外旅行に何度もいけたことでしょうか?

それが『ご褒美』、『やりがい』でしょうか。
これがあるから頑張ろうと、次への活力につながりますからね。

もう少し具体的には、様々な人と会い、様々な角度・視点・考え方から、
アパート大家に専念してよいのか?これから続けてよいのか?を
検討できました。

現役アパート大家さん、未来のアパート大家さん、設計士さん、
施工業者さん、不動産業者さん、御者さん、税理士さん、弁護士さん、
行政書士さん、司法書士さん、社労士さん、銀行員さん、
プロサッカーチームの監督(?)、
それから、各種勉強会、研修会での勉強。

よく感じるのは、社長さんの『気概』です。
個人で自立した人のまねは出来ないし、尊敬します。
それでも、自分のことだけではなく、従業員の生活も保障しなければ
ならない『社長』さんは、決して、自分のことだけを考えていません。
自分の周りの人、関係する人がどのように思うか。お客さんがどう思うか?
について、全精力で考え、試し、行動をしているのですね。

同じ東京でも、私がサラリーマンのときの世界とは異なる世界が社長さんの
身の回りにあるのですね。

アパート大家も所謂 経営者なので、これらの話を聞くほど、他の業種より、
アパート収入が安定していのだなと感じ、いまは当初の『不安』が
ほとんどありません。(対策も準備できましたし。)

まだ、5ヶ月だけですが、『アパート投資の王道』事務局で、とても良い
経験をさせてもらっています。

で、冒頭の相田みつをさんの
 『生きているうち はたらけるうち 日のくれぬうち』
を実感できているなと、感じた日でした。
←気持ちの一押しを
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 18 : 01 | アパート建築体験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析