FC2ブログ

アパート入居者の支払い

最近、冷え込んできましたね。
電車の中でもくしゃみや咳をしている人が多いですね。
お体には気をつけてください。

そんな風に車内を見ていたら、ふと「住宅情報ナビ」広告に気がつきました。
20071017Navi.jpg
ちょっと読み辛いのですが、
『○○して10年。
   気がつけば家賃に
     ○○1000万円払ってた。
       軽くおちこむなぁ。』
でしょうか?

「毎月8万で ⇒ 年間約100万 ⇒ 10年で1000万」
というところでしょうか?

「10室でその10倍。 ⇒ 1億円ですね。」
(「20室でその2倍。 ⇒ 2億円?
  さらに30室で30年でおおよそ10億円?」やりすぎですね。)
[もちろん、自分だけで運用するのではなく、子・孫にノウハウを
引きついで、貰いたいたいです。]

(この広告は、「賃貸でなく、戸建・マンションを購入しましょう。」
 と促しているのですが、それは、別の問題とします。)

実感しなければならないのは、アパート大家さんはそれだけの恩恵を
受けているということ。
[レストラン・ラーメン屋・運送業。
一人でこれだけを稼ぐのは半端な労力ではやれませんね。]

さらには、それだけの責任を負っているということ。
アパートの入居者さんには、感謝深謝です。

[快適に住んでもらうことは、当たり前のことですね。]
当たり前のことを、当たり前に続けること。
子・孫の代まで、続けること。
[しかも、子・孫には、本人が望む仕事も並行してもらいながら。]

『入居者のために』との言葉、考えはとても重く感じますし、
とてもやりがいがあることと思います。

「利益」、「収益」、「利回り」と考えるだけでなく、
目の前に数億円が流れることの意味についても
よく考え、それをうまく使いこなし、さらにまた、入居者に還元する。

アパート大家のすべきことは、奥が深いことだと思います。
←気持ちの一押しを
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 32 : 42 | アパート建築体験 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析