FC2ブログ

失敗学講演2: 宮古の津波

昨日のブログの続きです。
9/14(金)の畑村洋太郎先生の講演は、工学院大学の大ホール(約300人収容)での予定でしたが、
人気の為/書籍有名の為/無料の為か?参加多数で第2会場プロジェクターでの聴講。
さらに、人が増え第3会場が準備されるほど、1000人弱が集まったようです。
20070916Sippaigaku1.jpg

20070916Sippaigaku2.jpg

平日の昼間であった為に、退職された方が多かったですね。
で、畑家さんの第一声は、
「三菱自動車も、雪印食品も、原発事故も起こるべくして起きた。」との事でした。

事故事例は「世間に広めるべき/大いに広めて」とのことなので堂々とブログにします。
=======
大タイトルは、「失敗学のすすめ」 (本も出版されていますね。)
小タイトルは、「1.失敗の必要性 2.失敗を生かす 3.失敗の原因と結果
 4.失敗の必然性 5.失敗の知識伝達 6.失敗を生かす工夫」

「事例1は宮古市の津波の石碑について」です。
『どの時代も人は時間が経ては怖さを忘れる』、
『事故は繰り返される』と思い知らされます。

宮古市姉吉には、海抜30Mのところに次のような石碑があるとのことです。
『大津波記念碑:高き住居は児孫に和楽、想へ惨禍の大津波、此処より下に家を建てるな』
この地区では、1896年の明治三陸大津波があり、最高で38Mの津波が押し寄せ、
2万2千人(こんなに?)が死亡。
さらに、昭和8年にも大津波が起きたとのことです。
この石碑は津波の大惨事を忘れない事、子孫の安全を守る為に立てられたのですが?!

問題はここからです。
この地区(港町)でこの石碑より高いところにある民家はたったの『2件のみ』。
当時津波で全てさらわれた為、直後は全ての家が石碑より上にあったそうですが、
「港での作業のみの為に倉庫が出来き」→「そこで網作業をする人が集まり」
→「作業の合間の食事をする設備が出来」→「そこに漁師が泊り込み」
→「そこに夫婦で作業し、泊り込み」→「生活が始まった」との事ですが、
しばらく経った時にはもう津波の<<恐怖>>よりも、
生活の<<便利さ>>が優先されてしまったとのことです。
=======
また、私が作業している時間は津波が来ないとの過信。
そして、あの人が生活しているから「私も大丈夫」と安易に安心してしまう人達。
港には津波対策用防波堤はあるが、38M大津波には明確に耐えられない設計との事。

『これは他人事ではありません』、人はそんなものです。
私たちにとって良い教訓になります。上記のような考え方は誰にでもあるものです。

私も、もう一度、アパート投資を始めたときの気持ちを考えされられました。
「私は貧しい生活(心理的かつ金銭的)に家族を巻き込みたくない」、
「自分の足で立ちたい」、「今、将来の為に出来ることを積み重ねたい」、
「大会社といえども会社の悪しき(数の力と世間体に負ける)方針に流されたくない」、
『とにかく何とかしたい』。
との気持ちから、『行動を起こさないわけには行かない』
『経験できることは全て経験してみる』との決意を忘れないことです。
私にとって「現状維持」とは最悪のシナリオでした。
「(人並みは死に体と同じと思い)何もやらないことは後戻りと同じ」

と、正反対にアパート経営に心配がつきものです。長期の先は誰にも見えません。
この経営の鍵は、『満室であること』。できれば「より高い家賃で」。
そのためには入居してくれる人の気持ちを感じ行動することが一番。

宮古の津波の事例ではないですが、安易に流れてはいけないのでは?
質の良い建物、緻密な資金繰り、現地・現状・現人の調査は大事ですね。
←気持ちの一押しを
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 50 : 10 | 資産運用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析