FC2ブログ

台風9号とハザードマップを見て

台風9号は近年最大級でしたね。
この台風は、一つの判断の指標になりますね。
(今後の天候異状は予想以上でしょうが)

多摩川の状態は、
・平常より6M高い水位
・流域の避難勧告は627世帯(1225人)
・奥多摩町での1時間での最大降水量は53mm
・降り始め(9/4)から9/7まででは奥多摩町で694mm
・以上の結果、堤防道路の冠水・氾濫なし

荒川では、
・5.65M(熊谷市)で過去最高位
・10.62M(さいたま市)で危険水位
・西新井で河川敷道路が冠水

この台風はインパクトがありましたが、「このぐらいの雨で限界が見えた」と思うか、
「この大雨でも被害が無かった」と見るかは判断の分岐点ですね。

いずれにしても、心配をしたときには、それに対する対策を立てなければいけません。
「「天災」」に対しては、立ち向かわずに、避けられるだけ避けるのが第一。
その為には、過去の事例収集と専門家の推定結果が参考なります。

東京で言えば、『洪水ハザードマップ』(東京都建設局)が必修ですね。
気になる地域を確認してください。
浸水想定区域で『浸水した場合想定される水深』(青色?)を知っておくが大事ですね。

←気持ちの一押しを
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

20 : 58 : 04 | アパート用地探し法 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析