FC2ブログ

お盆(先祖供養)

一昨日、みちのくから11時間をかけて東京に戻ってきました。
企業働いていた時は休みが限られていたので日本大移動にはまったのは仕方がないのですが、退職後もこの流れに入ってしまうとは日本人の性(さが)でしょうか?

そのように感じる一方、個人では動かせないものがあり、私も人との関わりを持っている(支えられている)のだなと感じました。

この時期の大移動は、日本の多くの会社ではお盆休みがあるからですね。
今まではあまり気にしていなかったのですが、お盆は『祖先供養』の風習ですね。

今、私がこのような状況であるのは、おじいさん・おばあさんと両親のおかげです。
私が今後行うことは、私だけのものではなく、今まで引き継がれてきた心がけ・行いがあったが為にできることです。

特におじいさんがやっていた会社経営やマンションの所有などお金の使い方を伝えてくれたことが参考になっています。
私も引き継ぎ、次の世代に伝えて行きたいと思います。

今回は妻の実家(本州の最北)に行ったのですが、家族全員でのお墓参りはとても大切ですね。
普段会うことができない人との会話や元気な表情(元気でない場合も多いですが)を見ることができました。
特に、面白かったのは60年前の本州の最北端での暮らしで、寒さの中、野菜も多くとれず、過酷だったようです。そして、満州での話しも心が痛くなります。

また、日本に帰ってからの仕事は『食べる為』にやり、それもりんご、カジカ採り、稲作、道路、橋となんでもやったそうです。

最後に、『どんなことがあっても、何とか食べていけるよ』との言葉は、事実ですからすごく説得力がありました。

こんな貴重な話が聞け、私の判断の許容がまた一つ広がりました。
(このような話しと経験者に囲まれていたら、危機的な状態自体が存在しないのかもしれませんね。)

みんなが集まる場に参加する為には、例え退職・独立をしても、世の中の休みの流れに合わせる必要があるのですね。

さあ、これからまた世田谷満室経営体験談のブログの再開です。
e_03.gif←お気持ちの一押しを
スポンサーサイト



テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

13 : 47 : 09 | 従業員から事業主へ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析