FC2ブログ

マンション価格情報を見て

昨日の新聞に不動産経済研究所調べの情報がありました。
2007年上半期に売り出された分譲マンションの平均販売価格上昇率ランキング。
市区町村別に比較しています。

第1・2位は、最近の新聞広告を賑わせている港区と千代田区

<平均販売価格(万)/前年同期からの上昇率(%)>
第1位 港区 12,236万/99.5%
第2位 千代田区 14,615万/90.6%
第3位 目黒区 9,609万/60.0%
となっていて、販売価格・上昇率とも破格ですね。

これだけあれば、ローンも十分に払えて、ローン返済後は十分豊かな生活と自由な時間が持てるのに、自宅として使い、自分の収入で支払うのは大変ですね。
この情報のメリットを得るのは、所有している人ではなく、このタイミングで売却できた人だけなのに。

番外 広尾では5.7倍になった物件もあるとのこと、バブルですね。
(さすがに、主要区内は確実に上がっていますね。それでも2年前と同等の坪価格で土地を変えている人がいることもいるんですよね。)

ちなみに、
 第3位 東京都稲城市 5,433万/53.2%
 第4位 東京都武蔵野市 6,168万/46.6%
 第5位 横浜市旭区 4,303万/43.6%
 第6位 さいたま市大宮区 4,598万/43.2%

3-6位のように分譲住宅でこれだけ上昇しても、これだけの価格を支払う(ローンを含め)人たちがいるということは、アパート所有のための『土地探し』に関してみれば、23区内だけでなく、その周辺でも土地の価値が出てきているようですね。探す価値有り?

個人的には、第4位はうれしい情報です。分譲価格だけではなく、東京近郊でも徐々に賃貸価格も上がっているようですね?

また、この情報は、マンション建設数が少なく、駅前だけに建った地域は上昇率が特に上がるとの傾向もあるようですので注意が必要で、今後はいろいろな情報を踏まえての判断が必要ですね。
e_03.gif←お気持ちの一押しを
スポンサーサイト



テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

10 : 19 : 26 | アパート用地探し法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析