FC2ブログ

アパート満室後の挨拶廻り

中古アパートで満室にするには苦労が入りますね。
入居を決めてくれた業者にはお礼が言い足りません。

さらに、忘れてならないのは入居確定には至らなかったけれど、こちらが仲介の依頼をした『その他の仲介業者への対応』です。
満室確定後に連絡をしないでいるとその人たちは空室の無い部屋に対して営業を続けているのですからね。この方たちにも丁寧な満室連絡と今回対応(努力)をして貰ったことに対するお礼をします。遠距離では電話になってしまいますが、近いところでは出来るだけ、店に伺って挨拶をするようにしています。
もちろん、「次回も依頼させていただくので、今後もよろしくお願いします」とのコメントを添えて。
アパートでは必ず入居者の入れ替えがありますからね。1回、1回で付合いが終わるのではなく、今後、数十年のお付合いになるかもしれませんからね。
『大家のセールスの場』かもしれませんね。だとしたら、顔を覚えてもらうこと、誠実にお願いしていることが分かってもらうことが大事ですよね。

もう一つのポイントとしては、この入居確定連絡時に笑顔で対応してくれるか、冷たくされるかも注目です。今まで冷たくされた店では、店員さんの余裕が無いというか、長続きしていません。(そうはいっても、ながーい目とこちらのゆとりも大切ですね)

私は地方や東京近郊の物件ではJRENTさんに加えて、2,3店に依頼をしています。
3店目はいつも入れ替えていて、良い仲介業者の発掘にも努めるようにしています。
業者も上昇店、下降店がありますからね。
このように新しい店探しや、仲介業者さんとの付き合いも新たな出会いがあり、面白いものです。
e_03.gif←お気持ちの一押しを
スポンサーサイト



テーマ:投資手法、哲学、心理 - ジャンル:ファイナンス

23 : 56 : 16 | アパート満室空室対策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析