FC2ブログ

扉が閉まらない

少し前の話です。
私の頭の痛い中古APで『収納の扉が閉まらない問題』が発生しました。
下の添付写真のようにあと数センチでの閉まりが悪いのです。

根性で力を入れると閉まるのですが、通常はここまでです。
20070708door1.jpg


開いてみると?
20070708door2.jpg


金具の止め具部分が擦れている傷があります。
で、この部分の扉側は?
20070708door3.jpg


この金具? まずは、この金具をペンチで少し上に曲げました。
すこしだけ良くしまりましたが、まだぴったりと閉まりません。
原因はこの金具ではないようでした。(すでに前の人が対応して曲げていたあとがあります。)
20070708door4.jpg


よくみると、止め具の左側(白い円の中)にも傷がありました。
この原因は扉を止めている蝶番(ちょうつがい)の金具が緩んでいるのでは?」とのアドバイスをもらい、その蝶番を見るとすでに対応済のようで見事にプラスネジの山が崩れていました。
蝶番部分の修正が出来なかったために、次の対応は?この白い円の部分を削る(彫る)と素人ながらに考えましたが、「それでは黒い塗装が見事にはげてしまいうまくない」と菅さんの一言。
で、次の対応は引っかかっている部分の扉側の下部を削ること。
ひたすら『紙やすり』で削りました。「1,2,3,4,5,6,7…20往復」これを5回やり計100往復。これを1セットとして、全部で10セット。つまり1000往復やってみたのですね。
(これだけやってもなかなか削れないものですよ)
(おがくず対策には、下に新聞紙を引きました)
結果として、みごとに、スムーズに扉が閉まるようになりました。
無事終了です。
でも良く考えてみると、この物件は中古。
満室入居中のAPの購入ではこんな不具合はまったく確認できませんよね?
また、入居者は2年後に退去でしたのでちょうど瑕疵責任が解除された後でした。
でも、このぐらいじゃ問題にもされないでしょうね。
e_03.gif←お気持ちの一押しを
スポンサーサイト



23 : 28 : 43 | アパート管理術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お宝不動産認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産日記
お宝不動産公式HP
| ホーム |

プロフィール

大長伸吉

Author:大長伸吉
アパート経営アドバイザーの
大長伸吉です。
2003年に投資マンション1室を購入し、不自由さを実感
2004年に中古アパートを購入し、空室と修繕の苦労を実感
2006年に初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、ようやく落ち着いた大家を実感
2007年に北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、現役大家さん・未来の大家さん(サラリーマン)のサポートを心がけ、サラリーマン大家サポーターズとして活動開始
2008年東京都下でS型王道アパートを1棟竣工
2008年サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版社)を出版
2012年あなたにもできる!サラリーマン大家入門
王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)を出版
2013年サラリーマン大家の教科書(Apple電子書籍)を出版
サラリーマン大家サポーターズ代表
アパート大家
宅地建物取引主任者
貸金業務取引主任者
ファイナンシャルプランナー
ランガルハウス株式会社代表
アパート投資の王道メンバー
専門家Profileメンバー
マネーの達人
Column Latte専門家
マイベストプロメンバー
セミナー受講者数2051人
相談回数2012回
アパート建築サポート55棟256室

著書2012

著書2008

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブログ検索

カウンター

RSSフィード

月別アーカイブ

  1. 無料アクセス解析